その蜩の塒2

徒然なるままに日暮し、されど物欲は捨てられず、そのホコタテと闘う遊行日記。ある意味めんどくさいブログ。

らぁめん元氣屋 大館店

 先週、久々に南大門大館店に行ってプレミアム飲食券を使い果たしてしまい、今回登録店にもかかわらず使えなかったのが残念です。入店してから買いに走るわけにも行きませんしね。というのも、当初は藍亭大館店に行くつもりだったんですが、スープ切れのためか閉店してたんですよ。なので急遽こちらへ変更したってわけです。

 左上;カミサン注文の中華そば塩730円。右上;私注文の塩タンメン700円。少々しょっぱかったです。小麦高騰の折り、この価格で食べられるのはありがたいですね。しかしながら、酢、胡椒、醤油、ラー油などがテーブルにワンセットで置いてありますが、すりおろしニンニクを入れようと蓋を取って裏を見ると、見事に黒ずんでいました。おそらく調味料類は、ほとんど洗われることなく継ぎ足されていると思われます。

 ちょっと前に元氣屋 能代店を取り上げましたが、同じチェーン店でも食べログの評価値に差があるのは、こんなちょっとした差かもしれません。あと飲食店ではよく言われることですが、トイレがキレイかどうかはかなり重要です。

 40年も前に学生時代マックでバイトしてましたが、そんな昔でもQSC&V(クオリティサービスクレンリネス&バリュー)をバイトにも徹底していました。さすが世界一の企業です。飲食店においては、目に見えないところまでも徹底したクリンリネスが求められるべきです。昨今のコロナ状況下においては特に。

 あと3食餃子380円を注文しましたが、こんな状態でよく客に出せるものです。揃えて出すのが普通でしょ。3食とは、桃豚、鶏しそ、豚キムチ。あえて苦言を呈するなら普通の餃子が一番です。

PS;今朝のZIPにみーぱん(日向坂46佐々木美玲)が出ていましたが、メロンの被り物が超可愛いかったです。こちら

あわや大四喜和

 微妙な配牌です。国士無双混一色、あるいは混老頭を追求するしかないかと。

 それでもだいぶマシな牌姿になってきました。

 普通はドラの發をそんなに早くは切らないでしょうけど、上りを目指すにはジャマですから。

 一番欲しい牌をツモってきました。こうなると小四喜和を目指すしかありません。

 聴牌しました。南で高めの大四喜和(ダブル役満)です。

 小四喜和ですが、これは上がらざるを得ないでしょう。カウントされませんが混一色混老頭、トイトイまでついています。

R4山菜採り

 今年度3回目の山菜採りです。左上からウド、シドケ、バッケ、アイコ。左下からボンナ、タラの芽&コシアブラ、葉ワサビ、ウルイ。シドケは過去に1度しか採ったことがなかったのですが、本日ようやく採ることができました。生えてるところを撮るとよかったんですが、既に採ってしまっていました。立ち姿が凛としていて美しかったです。やはり他の山菜とは比べものになりません。

かつ重と讃岐うどんの島田屋

 大館の「かつ重と讃岐うどん」の店島田屋へ。何度も来ていますが、ブログに書くのは初めてです。GWということもあってか、店内はめちゃ混み。子どもからお年寄りまで幅広い客層ですね。丸亀製麺が撤退したことも追い風となっているようです。メニューはうどんだけではなく、うどんのトッピング、定食類も豊富でどれにするか迷います。また、カウンター席も多く、持ち帰りメニューもありますので、お一人様も気兼ねなく立ち寄れるんでしょう。

 左上;カミサン注文のカレーうどん600円+チクワ天150円+ポテサラ200円、合計950円。ネギと天かすは別皿で。

 右上;私注文の天ぷらうどん880円+ポテサラ200円、合計1,080円。讃岐うどんにしてはコシがないですが、私はむしろ好みです。出汁は薄味で気が付くと飲み干してました。

 今回、プレミアム飲食券を使用するため苦肉の策で無理やり2千円オーバーにしたんですが、あろうことかレジで金券じゃない1枚目を出してしまうという失態をやらかしました。予め1枚ずつ切り取っておくといいでしょう。

 GW期間中に2回山菜採りに行きました。雪が多いわりには気温が高めなので例年よりむしろ若干早いような気がしました。上画像は、春の妖精と呼ばれるベニチャワンタケ科シロキツネノサカズキモドキ。成分不明のため食べない方がいいみたいです。

  PS;Youtubeの登録サイトが多くなると、使い勝手が悪くなります。そこでフォルダ分けするんですが、PockettubeをChrome拡張機能としてインストールしなければなりません。それほど面倒ではないので、ぜひお使いください。便利ですよ。ちなみに私は登録サイトが200を超えてしまいました。全部をみるわけにはいきませんが、最近はウクライナ情勢のサイトをみることが多いですね。

和風レストランきりん亭

  先週の土曜日、男鹿に新しく出来たいとく男鹿なまはげモール、無印良品へ買い物に出掛けました。出店企業は、いとく、無印良品薬王堂、セリア、花の守屋商店、ママ号のクリーニング、Agu hair cape、オカモトセルフ(GS)、ピザテンフォー、パティスリーミルシュー、ハッピービバーク(カフェ)の11店舗。無印良品は売り場面積が東北最大級ということでカミサンとはぐれてしまい、LINEで待ち合わせしました。

 セルフスタンドは何と150円/リットルでしたよ。駐車場は薬王堂側が狭くて、ドアを開けるのに苦労しました。舗装されていない駐車場もあり、雨だとぬかるんで大変だと思います。途中八郎潟の菜の花ロードを通りましたが桜が満開でした。

 食事は、和風レストランきりん亭で。カミサンが男鹿しょっつる焼きそば780円で、私は海鮮丼ハーフ800円と肉そば(温)ハーフ340円にしました。焼きそばはあんかけでしたね。ハーフ丼ハーフ麺は、ハーフにしては盛りもよく味も抜群でした。

元氣屋能代店

 元氣屋能代店に行ってきました。ここは、丸亀製麺能代店だったところです。同じ建物内には元氣屋グループのしゃぶしゃぶ彩葉苑(いろはえん)が入店しています。最初から目指していた訳ではなく、目的の店が臨時休業でしたので立ち寄りました。丸亀製麺は採算性が厳しいのか全国的にも退店が多いように思います。そして隣はラーメン店の多むら。黄色の看板のラーメン末美だった場所です。多むらは花園町から移転してきました。その花園町の場所には馬太郎能代店が開店しています。また多むらの隣は、ニラ南蛮の宝介新能代店でしたが閉店しました。看板はまだそのままです。まぁ動きが激しいですね。

f:id:pc-input:20220414212519j:plain

 注文は中華そば(醤油)730円。この上のが味玉中華780円。半玉分が50円プラスされています。みじん切りされた生玉ネギがアクセントになっている他、具材もシンプルでストレート麺とスープの相性も申し分ないですね。それと醤油の他、塩、味噌も選べるのは中華そばではあまりみかけないかと。ただ客の入りがボチボチでそれほど忙しくないためか、店員同士の会話が耳障りでした。

リトルチャイナ

 能代市のR101号線沿い、いとく能代通町店向かいのリトルチャイナへ行ってきました。駐車場は店の裏手にあるようですが、分からなかったのでいとくの駐車場へ停めました。帰りにちゃんと買物しましたのであしからず。そのいとく小さい店なので20時に閉店しました。中華料理の店の方は、建物は古く特にエアコンは買い替えないとカビや埃をバラまきそうな感じでした。

f:id:pc-input:20220414205045j:plain
f:id:pc-input:20220414205048j:plain

 カミサン注文の一番人気担々麺800円。数口スープを味見させてもらいましたが、見た目ほどくどくはなかったです。右上;私注文の上海麺(塩あんかけ)。上海炒麺という焼きそばは知っていましたが、上海麺は初耳です。見た目は広東麺のような感じですね。悪くはなかったです。あんかけなので、最初の数口が熱々で口の中がホロホロ状態で大変なんですよね。カットされたレモンが入っていましたが、スープにも果汁が絞られていました。

f:id:pc-input:20220414205052j:plain
f:id:pc-input:20220414205041j:plain

 店の中が暗かったのでフラッシュが作動してしまい、シュウマイ440円が白っぽくなってしまいました。右上は棒棒鶏400円。どちらも箸休め的にちょうどよかったです。